公認会計士

公認会計士

【監査法人に新卒資格なしで就職】試験合格者以外でも可能です。

監査法人に新卒で資格なしで就職することは可能でしょうか?公認会計士試験合格者の就職先というイメージが強い監査法人ですが、コンサルタント職、事務職、監査トレーニー職等で新卒採用を行なっています。監査法人への就職に興味にある方はご覧ください。
公認会計士

【監査法人の特定社員】社員のうち公認会計士以外の者です。

監査法人の特定社員とはなんでしょうか。当記事では、特定社員の概要を紹介すると共に、大手監査法人の特定社員割合等を紹介しています。監査法人の社員や特定社員に興味のある方はご覧ください。
公認会計士

【公認会計士と会計士の違い】両者の違いをサラッと紹介します。

『公認会計士』と『会計士』の違いはなんでしょうか。当記事では、両者の違いを簡単に紹介しています。
公認会計士

【大手監査法人の勤務地】主な勤務地は東京、大阪、名古屋です。

監査法人の主な勤務地はどこなのでしょうか?当記事では、大手監査法人の採用方法、事務所間の異動の有無、東京事務所と大阪事務所の場所等を紹介しています。大手監査法人の勤務地に興味のある方はぜひご覧になってください。
公認会計士

【監査法人の離職率】調査したら約10年で50%超の離職率でした。

監査法人は離職率が高いと一般に言われていますが、実際どうなのでしょうか。監査法人時代の私の同期を対象として調査した結果、約10年で50%超の同期が離職していました。監査法人の離職率の高さや離職率が高い理由等に興味のある方はぜひご覧ください。
公認会計士

【公認会計士の試験科目】短答論文共通4科目+論文限定2科目です。

公認会計士の試験科目は、短答論文共通4科目(財務会計論、管理会計論、監査論、企業法)と論文限定の2科目(租税法、選択科目)です。当記事では、各試験科目の出題項目や内容について紹介しています。公認会計士の試験科目に興味にある方はご覧ください。
公認会計士

【公認会計士の予備校6校比較】大原、TAC、CPAの3校が王道!

公認会計士試験の合格者の90%程度が利用する予備校について紹介しています。公認会計士の予備校として有名な6校を紹介し、合格者数、受講料金、サポート体制等で予備校比較をしています。基本は大原、TAC、CPAの御三家の利用がおすすめです。
公認会計士

【会計専門職大学院の一覧(12校)】進学するメリットはあります。

公認会計士や税理士を目指す方であれば、会計専門職大学院(アカウンティングスクール)という単語を見聞きしたことがあるのではないでしょうか。当記事では会計専門職大学院に進学するメリット・デメリット、会計専門職大学院12校について紹介しています。
公認会計士

【監査法人の福利厚生等】言われているほど悪くない。

監査法人の福利厚生等について紹介しています。世間から監査法人は福利厚生が悪いと言われていますが、実際はどうなのでしょう?大手監査法人に共通してある福利厚生等、ない福利厚生等も簡単に紹介します。
公認会計士

【公認会計士になるには】3要件プラス1を満たす必要があります。

公認会計士になるにはどうすれば良いのでしょう?当記事では、公認会計士になるために満たすべき要件とそれに関連する内容を紹介しています。公認会計士に興味のある方におすすめの記事となっています。