資格

情報処理技術者

【基本情報技術者試験(FE)の合格率】通常は20-30%程度

基本情報技術者試験(FE)の合格率はどのくらいでしょうか。当記事では、近年の合格率を紹介すると共に、合格者の平均年齢についても紹介しています。
公認会計士

【公認会計士と会計士の違い】両者の違いをサラッと紹介します。

『公認会計士』と『会計士』の違いはなんでしょうか。当記事では、両者の違いを簡単に紹介しています。
簿記

【簿記3級の合格率】50%前後で挑戦しやすい資格試験です。

簿記3級の合格率はどのくらいでしょうか。日商簿記3級の合格率の推移を紹介するとともに関連する内容を記載しています。簿記3級の合格率に興味のある方はぜひご覧になってください。
公認会計士

【大手監査法人の勤務地】主な勤務地は東京、大阪、名古屋です。

監査法人の主な勤務地はどこなのでしょうか?当記事では、大手監査法人の採用方法、事務所間の異動の有無、東京事務所と大阪事務所の場所等を紹介しています。大手監査法人の勤務地に興味のある方はぜひご覧になってください。
公認会計士

【監査法人のリストラ】新型コロナでリストラ再来となるのか?

監査法人はリーマンショック後に大規模リストラを敢行しています。新型コロナによりリストラ再来と言われたりしていますが、実際のところ、どうなのでしょうか。新型コロナによる大規模リストラはないだろうと私が予想する理由について紹介しています。
簿記

【簿記3級のメリット・デメリット】おすすめ資格の1つです。

簿記3級のメリットやデメリットはなんでしょうか。簿記3級受験のちに公認会計士試験まで受験してしまったgordito(ゴルディート)が簿記3級のメリット、デメリットを紹介します。簿記3級に興味のある方はぜひご覧ください。
公認会計士

【公認会計士短答式試験の合格率】短答を突破すれば合格は近い!

公認会計士の短答式試験の合格率はどのぐらいでしょうか。当記事では、直近5年(10回分)の短答式試験の合格率を紹介しています。公認会計士試験に興味のある方はぜひご覧になってください。
公認会計士

【監査法人の離職率】調査したら約10年で50%超の離職率でした。

監査法人は離職率が高いと一般に言われていますが、実際どうなのでしょうか。監査法人時代の私の同期を対象として調査した結果、約10年で50%超の同期が離職していました。監査法人の離職率の高さや離職率が高い理由等に興味のある方はぜひご覧ください。
公認会計士

【公認会計士の試験科目】短答論文共通4科目+論文限定2科目です。

公認会計士の試験科目は、短答論文共通4科目(財務会計論、管理会計論、監査論、企業法)と論文限定の2科目(租税法、選択科目)です。当記事では、各試験科目の出題項目や内容について紹介しています。公認会計士の試験科目に興味にある方はご覧ください。
公認会計士

【公認会計士の予備校6校比較】大原、TAC、CPAの3校が王道!

公認会計士試験の合格者の90%程度が利用する予備校について紹介しています。公認会計士の予備校として有名な6校を紹介し、合格者数、受講料金、サポート体制等で予備校比較をしています。基本は大原、TAC、CPAの御三家の利用がおすすめです。